スルメのおすすめランキングから、食べ方や焼き方、ダイエットなどのカロリー、イカの捌き方やレシピまで幅広く情報をお伝えいたしますのでご覧下さいませ。

スルメ暦25年が教える!完全攻略サイト!

スルメについて 栄養・成分

【嬉しい】スルメのプリン体が少ない!?痛風に優しい含有量とは!?

投稿日:

スルメはイカを干した乾物食品で、昔から保存が効くことから保存食として愛されてきたおつまみです。

お酒のおつまみとして愛されているスルメですが、お酒と言えば「痛風」が気になりますよね。

その痛風の原因とされる「プリン体」の量が痛風を防ぐ、見極めポイントでもあります。

ではスルメは実際どれくらいのプリン体が含まれているのか調べて見ました。

スルメに含まれるプリン体含有量とは!?

結論から申し上げると、スルメのプリン体含有量は「100mg:94.4mg」です。

でも実際この値が多いのか少ないのかわかりませんよね。

この値が高いのか低いのか見分けるポイントとしては、一般的に下記の基準が目安になります。

プリン体の基準目安
プリン体が多いとされる値 プリン体が少ないとされる値
「100g:200mg以上」 「100g:50mgイカ」

といったように、スルメは基本的にどっちつかずの量です。

しかし、スルメを1度の晩酌で100gという量はかなり多いです。

1cmに裂いたスルメが約3g程なので、100gとなるとスルメ3枚以上食べることになるでしょう。

そんな人見たことがありません。

なので1度の晩酌で食べるスルメの量が20gだとしましょう。

それであればプリン体の量は「18.9mg」とかなり低いことがわかります。

なので一般的にスルメはプリン体の量が少ないと言われ、痛風を気にされている方のおつまみにはスルメが良いとされているのです。

 

他の食品とプリン体の値を比較

スルメのプリン体が他の食品と比べてどれくらい含まれているのか比較してみました。

(※全て100mgあたりのプリン体含有量です。)

白米 25.9mg 豚レバー 284.8mg
枝豆 47.9mg 牛レバー 219.8mg
豆腐 31.1mg 鶏レバー 312.2mg
ほうれん草 171.8mg 生ハム 138.3mg
ブロッコリー 70.0mg カツオ 211.4mg
なす 50.7mg マグロ 157.4mg
パセリ 288.9mg たらこ 120.7mg
椎茸 20.8mg 牡蠣 184.5mg
わかめ 262.4mg 白子 305.5mg
ひじき 132.8mg するめ 94.4mg

といったように比較的低いことがわかります。

先ほども言いましたが、スルメは1度に食べられる量が少ないので、おつまみには最適と言えるでしょう。

 

おつまみに選ぶなら!?

プリン体の含有量を気にされている方は、どういったおつまみを選んだら良いのか簡単にご紹介いたします。

■ワインで選ぶなら?

ワインを注文した際に選ぶおつまみは、チーズ系がプリン体が少なくておすすめです。

チーズなどの乳製品はアルカリ性食品で、プリン体が低いだけでなく、体にも良い効果を期待できるので賢い選択と言えるでしょう。

■ビールを選ぶなら?

ビールを注文した際に選ぶおつまみは、ナッツ系がプリン体が少なくておすすめです。

ナッツ系は種類に限らず全体的にプリン体が低いので安心して選ぶことができます。

■日本酒を選ぶなら?

日本酒を注文した際に選ぶおつまみは、するめが比較的プリン体が低い方なのでおすすめです。

プリン体の量はかなり低いとは言えませんが、比較的普通の量です。

しかし、1度に食べられる量が少ないので、実質プリン体の量は低いと言えるおつめみになるのでおすすめです。

Copyright© スルメ暦25年が教える!完全攻略サイト! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.